マレーシア旅行にかかった費用|夫婦で3泊4日の場合

マレーシアペトロナスツインタワー クアラルンプール
マレーシアペトロナスツインタワー
スポンサーリンク

マレーシア旅行ではどれぐらい費用がかかるのか、行く前に予算を組んでおきたいですよね。

「旅行費用の目安が見当もつかない」「いくら両替すればいいの?」など、 ある程度費用を想定しておかないと、せっかくのマレーシア旅行で残高を気にしながらでは旅行自体が楽しめなくなってしまいます。

今回は、実際に3泊4日のマレーシア旅行でかかった費用を項目別に大公開します。

【2019年2月クアラルンプール旅行記】
※深夜便で行ったので機内1泊、ホテル2泊です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マレーシア旅行で重視したポイント

海外旅行は、人によって重視するポイントや費用を節約するor贅沢したい、など好みが分かれます。

いわゆる「旅行の価値観」ですね。

また、現地の物価や旅行時の為替によっても旅行費用が左右されます。

マレーシアペトロナスツインタワー
マレーシアペトロナスツインタワー

今回私達は夫婦二人でマレーシア旅行へ行ってきたのですが、アラフォー世代の夫婦旅では下記の点を重視した旅行になっています。

  • 費用はできるだけ安くしたい
  • パックツアーはあまり利用しない
  • 格安ホテルではなく、4つ星かできれば5つ星ホテル
  • 治安が良く利便性も良いエリアに宿泊
  • 現地のおいしい食事をたくさん食べたい、屋台でもいいけど清潔感重視
  • スーパーなどでアテを買ってホテルの部屋で晩酌もしたい
  • 観光はそこそこ回れれば十分(ハードスケジュールは体力的に無理)
  • 移動はできるだけ楽な方法(あまり歩きたくない)
  • お土産はいいのがあれば買うけど、ほぼ食品

たくさんポイントがありすぎて重視というより理想ですが、ざっくりまとめると以下です。

  • 安くて楽に移動
  • 安全で綺麗なホテル
  • 清潔でできれば安いところで食事

このような感じの価値観で旅行に行かれる方にはご参考になると思います。

スポンサーリンク

マレーシア旅行でかかる費用は大きくわけて8項目

マレーシア旅行でかかる費用をざっと項目別に分けてみました。

  • 航空券
  • ホテル代
  • 海外旅行保険
  • 交通費
  • 食費
  • 観光地で支払う費用
  • お土産代
  • レンタルWIFI

では順番に、私達がマレーシア旅行で実際に支払った費用をご覧ください。
レートは、1RM(マレーシアリンギット)=約27円(2019年2月時点)で計算しています。

航空券(エアアジア)

エアアジア
エアアジア

海外旅行はパックツアーより、航空券とホテルを自分で選ぶスタイル。

ホテルはMarriott Bonvoy(マリオットヴォンボイ)系列から選ぶのと、飛行機便を自分達に合わせたスケジュールで選びたいからです。

今回利用した航空会社はアジア最大のLCC「エアアジア」。

エアアジア公式サイトから、セール期間に購入した航空券代は二人合わせて約114,000円でした。
一人当たり約57,000円ですね。

航空券は、シーズンによって、また購入タイミングによっても費用が変動します。

航空会社は定期的にセールがあるので、うまくタイミングが合えばさらにお得に購入出来ます。

リモ
リモ

航空券チェックはもはや日課。
旅行が決まったら検索頻度を増やして相場を知るのもお得に買うコツです☆

エアアジアは決済手数料が高いので、銀聯カードを作っておくと手数料が最安になります。

航空券購入時に、オプションの「バリューパック」費用として3,150円をプラスして支払っているので、今回の航空券代には下記の費用も含まれています。

  • 座席指定
  • 機内食1食分
  • 20kgの受託手荷物

詳しくは、こちらの記事で書いています。

ホテル代(高級ホテルが安い!)

マレーシアは高級ホテルがとっても安い国で、世界中でも最安価格と言われています。

ご参考までに4つ星~5つ星ホテルの費用目安を一覧にしてみました。

ホテル名マレーシア日本の同じホテル(大阪)
ヒルトン クアラルンプール約10,534円~約21,600円~
シャングリラ ホテル クアラルンプール約13,900円~約74,239円~(東京)
フォーシーズンズ ホテル クアラルンプール 約20,878円~約85,500円~
インターコンチネンタル クアラルンプール約11,579円~約36,160円~
JW マリオット ホテル クアラルンプール約13,450円~約22,398円~
ザ・リッツ・カールトン クアラルンプール約17,002円~約52,000円~

世界の名だたる高級ホテルチェーンですが、この6つのホテルの一泊平均料金は14,550円程度です。
一人あたりではなく一部屋の料金ですよ!

日本の同じホテル(大阪の場合)と比較すると、半額以下の料金で泊まれます。
ヤッター!

ちなみに、料金が安いといってもサービスや設備のクオリティはさすがの高級ホテルですのでご安心ください。

ルネッサンス・クアラルンプール・ホテルに宿泊

ルネッサンスクアラルンプールホテル
ルネッサンスクアラルンプールホテル

私達は、SPGアメックスホルダーなので自動的にMarriott Bonvoy(マリオットヴォンボイ)ゴールドエリート会員の資格があるので、今回のマレーシア滞在はゴールドエリート会員の特典を受けるべく、Marriott Bonvoy系列のホテルの中から選びました。

ルネッサンス・クアラルンプール・ホテルの費用は2泊3日で約16,200円
もちろん二人分です。

※旅程は3泊4日ですが、エアアジア深夜便で機内泊だったためホテル宿泊は2泊になっています。

4つ星ホテルに日本のビジネスホテル以下の料金で泊まれるなんて、安すぎません?

控えめに言ってもマレーシア最高です。

海外旅行保険

海外旅行保険は万が一の病気や事故などのためにも加入しておいたほうがいいです。
クレジットカードをお持ちの方は、クレジットカードに海外旅行保険もついているタイプもありますね。

クレジットカード付帯の海外旅行保険は「自動付帯」と「利用付帯」があります。

「自動付帯」

クレジットカードを持っている人が海外旅行に行くと、自動的に海外旅行保険が有効になる

「利用付帯」

海外旅行に関する交通費(航空券、ツアー代)をクレジットカードで支払った場合、海外旅行保険が有効になる

クレジットカードをこれから作る予定の方は、「自動付帯」タイプのカードがおすすめ。

保険の補償内容は「ケガ・病気・治療補償額」を重視して選びましょう。

死亡保障が高くても、滅多に利用することはありません。

SPGアメックスカードの場合、海外旅行保険は自動付帯で家族も対象

そのため私達は別で海外旅行保険には加入していませんので、費用はゼロです。

Marriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)ってなに?

「Marriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)」は世界最大のマリオットグループが提供する会員プログラムのこと。

「マリオットボンヴォイ」のゴールドエリート会員は、通常年間25泊以上の宿泊実績がなければ会員資格がありませんが、
SPGアメックスカードを持っているだけでゴールドエリート会員になることができます。

SPGアメックスカードは、公式サイトからのお申込みで33,000ポイントをもらうことができますが、

すでにカードを持っている人からのご紹介で
さらに6,000ポイント多い39,000ポイントをゲットできます。

6,000ポイントは、通常SPGアメックスを約20万円利用してやっともらえるポイントなので紹介特典はかなりお得です!

  • 旅行が大好き!
  • 高級ホテルをお得に楽しみたい!
  • どうせならポイントを多くもらいたい!

という方は、リモ旅からもご紹介が可能です。

お問い合わせ項目にメールアドレスご入力ください。
お名前はニックネームなどで結構です。

追って紹介リンクをお送りいたします。

(※メールアドレス他個人情報は一切手元に残しませんのでご安心ください)

交通費

海外旅行にかかる費用で、特にあちこち観光される方は交通費の目安も知っておきたいですよね。

宿泊費と同じく、マレーシアは交通費も激安!利

利用した交通機関は下記の4種類。

  • 空港リムジンバス
  • 電車
  • Grab
  • 空港特急列車

だいたいの移動区間と人気の観光スポットまでの費用目安は下記の通りです。

マレーシア到着後すぐに利用した空港バスが激安&快適でびっくりしました。

交通機関区間RM(リンギット)日本円時間
リムジンバス空港 → KLセントラルRM12約336円60分
電車KLセントラル → Dang Wangi RM3約55円10分
GrabHotel → バトゥ洞窟RM15約414円 20分
Grabブキッビンタン → ブルーモスクRM32約884円40分
GrabHotel → プトラジャヤ駅
ピンクモスク最寄り駅)
RM82.50約2,280円60分
KLIAエクスプレスプトラジャヤ駅 → 空港RM17約462円20分

Grab(タクシー配車アプリ)

観光スポットは上記の他にも行きましたが、ほとんどGrabで移動しました。

Grabはマレーシアで提供されているタクシー配車サービスのこと。

費用目安は、10分程度乗った場合で約250円です。

ルネッサンス・クアラルンプールホテルからピンクモスク最寄り駅のプトラジャヤ駅までの利用が一番高かったですが、これには高速料金も含まれています。

配車手配した時に表示される料金以外、追加で請求されることはありません。

明朗会計で楽だし安いです。

電車

電車は市内の移動で数回利用しましたが、すべて現金払い。

市内の移動なら100円もかからないので激安です。

しかも綺麗!

電車は切符ではなくトークンと言われるメダルを購入します。

購入にはコイン(小銭)が必要なので、電車利用が多い方はコンビニのお釣りなどを集めておくのがおすすめですよ。

食費

マレーシア南香
マレーシア南香

海外旅行費用でかかる食費はレストランと屋台では大きく違います。

私達は今回屋台に行く時間がなかったので、ホテル内レストランと出掛けた先のレストランやスーパーを利用しました。

おおよその費用目安は一覧をご覧ください。

場所注文したメニューRM(リンギット)日本円
KLIA2にあるレストラン「南香」ラクサ、チキンライス、
エッグタルト
RM42.95約1,160円
セントラルパーク「タイ料理」蒸し春巻き、サンバル、
ビール2本
RM80.05約2,170円
ブキッビンタン「バクテー」バクテー、ビール、
揚げパン、ドリアン
RM51.05約1,390円
ホテル内レストラン
(Amexで30%OFFになった)
ディナービュッフェ、
ビール3本
RM302約8,350円
リトルインディアカレー2種、ナン、ロティ、
フライ、テタレ
約RM50約1,390円
スーパービールRM16約445円

お酒を飲まなければもっと安いのでご安心ください。

夫

私たち結構飲むので・・・

お酒が禁止されているイスラム教徒が多いためお酒が高いです。

テ・タレという甘いミルクティはスパイシーな料理によく合いますが、これは安くて美味しいです。

観光地で支払う費用

マレーシア・クアラルンプールの主な観光地は、入場料のような費用はかかりません。

無料です。
タダ!

もうここまで来ると、マレーシアは旅行客に優しさしかないです。

お土産代

お土産代も人によって様々ですよね。

我が家は、 現地の調味料とかお菓子などの食品、ちょっと思い出になりそうな現地らしい小物を買います。

あとは両家の家族分と、直近で会う友達がいればその分のお土産です。

買ったものとおおよその費用目安は下記の通りです。

お土産RM(リンギット)日本円
なまこ石鹸(ミニサイズ10個)、
ポストカード、マグネット
RM89.50約2,433円
インスタントラーメン、スパイス、お菓子、紅茶
(スーツケース大の1/4を占めるぐらいの量)
RM108.50約2,875円

あと、お土産ではないですが夫のパンツのお股が破れたので(太りすぎでパツパツだった)、ブキッビンタンのH&Mで上下の服を買いました。

RM149(約4,000円)で、日本とあまり値段は変わらないです。

レンタルWIFI

配車アプリのGrabを利用する場合は、外出先でWIFI環境が必要。

それ以外にも近くの観光スポットを検索したり、おいしそうなお店がないか探したり、WIFIが使えると便利なので海外旅行の時にはレンタルWIFIを持って行きます。

グローバルWIFIでレンタルした費用は、3泊4日で約2,100円でした。

番外編:マッサージ代

海外旅行に行ったらほぼ必ずマッサージをしてもらいます。

ルネッサンス・クアラルンプールホテルの地下にある「Health Land」というマッサージ店を利用しましたが、ホテルの地下にあるのでとっても便利でした。

ハッピーアワーだともう少し安かったけど希望時間と合わなかったので通常プランで予約。

費用はなんと、1時間のオイルマッサージ2名分で約5,600円!!!

夫

え?一人分じゃないの?

店員さん
店員さん

なんと、二人分です!

激安すぎません?

カップルルームで二人同時施術でしたが、夫は隣でマッサージ受けながら爆睡してました。

スタッフがちょこっと小声でお喋りしてたけどマレー語なのでわからないし、私語がないなんて日本ぐらいじゃないのかなーとあまり気になりません。

店内は清潔で薄暗い照明がアジアンテイストでリラックスできます。

肝心の施術もとても丁寧で、頭からつま先までガッツリしてもらいました。

最初の予算は20万円。かかった費用は?

航空券とホテル代は事前支払いしていたので、現地に持って行く費用は10万円ぐらいを想定していました。

現金2万円
デビットカード3枚8万円(分けて入金)
クレジットカード(SPGアメックス)Grab決済と他に使える場所があれば

マレーシアで使えるクレジットカード

マレーシアは大きなショッピングセンターやレストラン・コンビニではクレジットカードが使えます。

屋台では現金のみのところがほとんどです。

屋台ではスキミング被害も聞くので、クレジットカードが使えたとしてもあまり使わない方が安心かもしれませんね。

特にお店の奥にカードを持って行くところはやめておくか、ついていってしっかり見張ることをおすすめします。

  • VISAかMasterがメインで、JCBとAMEXは使えないところがほとんど。
  • VISAのデビットカードでも問題なく使えます。ATMキャッシングもOK。
  • AMEXはホテルとホテル内レストランは使用可能。Grabアプリも登録OKです。

クレジットカードは、やはり世界で使えるVISAカードを持っておくと安心です。

現地での両替はATMでキャッシングがお得

海外旅行の際の両替は、現地のATMでキャッシングがお得です。

空港やホテル・銀行などで両替すると手数料が高いことが多いので、ここ数年の海外旅行ではATMキャッシングをしています。

デビットカードでも問題なくキャッシングできるので、あまりたくさん入金していないデビットカードを数枚持って行くと安心かなと思います。

クレジットカードだと、ATMに吸い込まれたりスキミングされた時の被害が大きいので。

空港のATMで両替した費用は8,000円ぐらいです。

結局余ったので、帰りの機内でビールやジュースを買いました。

最終的にマレーシア旅行でかかった費用

予算20万円だったマレーシア旅行でかかった費用は、ざっくり下記の通りです。

項目日本円目安
航空券114,000円
ホテル代16,200円
Grab5,900円
食費18,000円
買い物(お土産含む)10,900円
両替(電車や食費用)8,150円
レンタルWIFI2,100円
マッサージ5,600円

合計で約180,000円でした!

この費用のうち航空券とホテル代が約130,000円なので、現地で使った費用は約50,000円程度です。

もっと節約するとしたら下記ですかね。

  • Grabを使わず電車にする
  • レストランディナーをやめる(スコールが降ったため1日目だけの利用でしたが)
  • レンタルWIFIを使わない(ホテルの無料WIFI利用)
  • マッサージを利用しない

これで、約22,000円程度安くすることもできます。

ホテルもマリオットボンヴォイにこだわらなければ、もっと安く探せます。

マレーシア在住のトップブロガーさんの情報によると、かなり近代的で清潔なハイクラスのコンドミニアムでも激安だそうです。

マレーシア旅行でかかる費用まとめ

マレーシアは、ホテル代も交通費も食費もマッサージ費も安いうえに、観光スポットの入場料はタダです。
現地で節約する必要がないぐらいに安いので、思う存分楽しめる国でした!

もっと行ってみたいところもあったし食べたい料理もあったので、きっとまたクアラルンプールへ行きます!

Marriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)ってなに?

「Marriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)」は世界最大のマリオットグループが提供する会員プログラムのこと。

「マリオットボンヴォイ」のゴールドエリート会員は、通常年間25泊以上の宿泊実績がなければ会員資格がありませんが、
SPGアメックスカードを持っているだけでゴールドエリート会員になることができます。

SPGアメックスカードは、公式サイトからのお申込みで33,000ポイントをもらうことができますが、

すでにカードを持っている人からのご紹介で
さらに6,000ポイント多い39,000ポイントをゲットできます。

6,000ポイントは、通常SPGアメックスを約20万円利用してやっともらえるポイントなので紹介特典はかなりお得です!

  • 旅行が大好き!
  • 高級ホテルをお得に楽しみたい!
  • どうせならポイントを多くもらいたい!

という方は、リモ旅からもご紹介が可能です。

お問い合わせ項目にメールアドレスご入力ください。
お名前はニックネームなどで結構です。

追って紹介リンクをお送りいたします。

(※メールアドレス他個人情報は一切手元に残しませんのでご安心ください)

タイトルとURLをコピーしました